2015年2月13日金曜日

脇見について考察

どうもこんにちはそにおです。
今日は、超次元的にぶっ飛んでしまい苦痛を味わされる病気、脇見恐怖症について考えていきます。

おそらく脇見のメカニズムはこうだと思うのです。

人にどう思われてるか気になる

その人に超次元的に作用=ネガティブな気を送る

うっとうしいような反応をされる

それを見て落ち込み、さらに人にどう思われてるか気になる

という悪循環です。

超次元的な作用をやめる方法は前例もないし誰もわからん。
となるとこれを打破するには人にどう思われても構わない、気にしないという鋼のメンタルを身に着ける必要がありますね。
とはいえやはりこれは難しいです。
たとえるなら、断崖絶壁を歩いていて下を見てはいけない、みたいな感じ。
今どれくらいの高さなんだろう、落ちても大丈夫な高さだろうか、という不安に襲われついつい下を見てしまい、するとほら高いじゃん怖いじゃんダメじゃんとさらなる不安に陥る。
よっぽど下を見ないことを意識しておかないと厳しいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿