2012年4月7日土曜日

孤独です。

こんな状態になってしまって、人とコミュニケーションとるのにすごい体力使うようになってしまった。
要するに、がんばらない限り、孤独。
あまり病気とは思いたくないけど、これは人を孤独に苦しめる病気といえるんじゃないだろうか。。

ただ人とコミュニケーションをとることに疲れるだけなら、一人になればいい。何事も一人でやればいい。
でも、それじゃ寂しい、何もおもしろくない、誰かがいて初めて物事はおもしろくなる、そういう風に人間は作られているんだなと日々実感しています。

まあ、どんなにすごい一人より、何人かで力合わせた方が、チームでいる方が”強い”もんね。
この社会性、みたいなのが人間の強みなんだろね。


思えば、自分は、中学頃からはなにかと一人遊びに興ずるところがあった、社会から離れようとしていたような。

クラスではバカにされ、なぜか加入したクラブ活動も途中でやめ、一人寂しくやることもなく勉強をしてみたり、ネットっていうすっごい関係の薄い社会に逃げてみたり。

そんな社会はつまらないと気付いたのはもうすでに遅し?
高校で中途半端に、特に目標もなくクラブ活動をがんばってみたり、勉強をしてみたり。
今までの積み重ねがないから、うまくいかないのも当然よな。
一人で悩みを抱え込み、ネットとかに逃げるのも強い意志で断ったとしたら、
それはこうなっちゃうよね。

親にはもっと、社会性みたいなのを植え付けてほしかった。そういう親がほしかった、今思えば。

親自身自営業、なんの集団にも属さない、社会性の薄い人間だから仕方はないけど。

この実際の社会のおもしろさを知っている人の下で育ちたかった。かわすじさんみたいな。

おれが社会性を取り戻すことは可能なんだろうか。

ため息ばっかり、出てきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿